結婚式の映像制作・写真撮影・プロデュース|福岡,熊本|AVENIRDESIGN

wedding photo & movie

【式場探し】知らないと損をする結婚式費用に関わる重要な7つのコト

7412 views
約 16 分

あなたはどんな結婚式にしたいですか?

近年、結婚式に対して「高い」というイメージを持っている方や、今までの結婚式の流れが自分達にとって合わないなど、結婚式への意識やイメージは年々変化していっている傾向にあります。

そして今はスマホの時代、様々な情報をインターネットから集め、自分達に合った式場やコンセプトを見つけて、オリジナルウェディングを行うカップルも増えてきています。

共通しているのがお金のコト。そこで、今回は「今から結婚式をお考え方」に費用に関わる重要な7つのコトをお伝えしようと思います。
なぜならば、式場見学の段階で既に費用に関わる大きな分かれ道があるからです。

結婚式って何から始めればいいの?

結婚式

例えば「熊本で結婚式を挙げたいけど、どこの式場がよいのだろう?」というカップルがいます。
この時期のカップルにとって疑問に思うのは「まずどこから始めたら良いのかわからない」という声が多いようです。

それもそのはず。
結婚式場へはゲストとして招待され足を踏み入れた事があるかもしれませんが、自分達が新郎新婦となる結婚式場に訪れ、いくらかかるかなどお金の事もみんな初めてのことだらけです。

今までは結婚式場のブライダルフェアなどへ参加し、式場見学を行っていましたが、近年ではインターネット上の式場案内サービス、ブライダルカウンターやプロデュース会社を経由して、結婚式場を選ぶカップルも増えています。

まずは自分達がどんな結婚式をしたいかを二人で考え、話し合うことがとても大事です。
なぜならば、新郎・新婦、またご両家の地域や風習よって、結婚式の考え方が異なることがあるからです。

中には宗教上の兼ね合いで、挙式スタイルが決まっている場合もあります。
お寺さん関係の型は仏前式、キリシタンの方はカトリック教会で行います。また、海外挙式を希望されている花嫁さんも増えてますね。

どんな結婚式にしたいのか?そこにはこんなイメージだけでもよいのです。

雰囲気だけで選ばない

・アットホームな感じで楽しい披露宴にしたい
・豪華なホテルで大人な雰囲気と空間にしたい
・とにかくかわいいにこだわりたい
・親族のみで厳かに行いたい

逆に、結婚式のイメージを決めないで式場見学をスタートすると、会場の雰囲気だけで選んでしまうカップルも多く、後になって自分達のやりたいことができなかったり、こんなに高くなると思わなかったなどの失敗談も多く聞こえてきます。

どんな結婚式にしたいかを二人で話す機会があれば、その後はインターネットで情報を集めれます。
実際に式場へ行かなくとも画像や動画が見れる時代なのです。二人でゆっくり話しながら「ここの式場良さそうだね!」という会話をするということが後々とても重要なことになってきます。

自分達にあったウェディングスタイルを選べることを知ってますか?

現在、結婚式のスタイルは大きく分けて3つあります。

・ホテルや専門式場で行う結婚式
・レストランで行う結婚式
・従来の型にはまらないオリジナルウェディング

九州では、ホテルや専門式場である結婚式場で挙式+披露宴を行うカップルが8割以上です。

ホテルウェディングの特徴

豪華さ、ホテルの安心感、料理の定評など、結婚式以外でも利用する事があるホテルでは、ゲストや親族への安心感を与える知名度、ネームバリューがあります。ハウス式場と違い、歴史のあるホテルも多いです。

ご両親や親戚の方も、ホテル名を伝えるだけで安心されることもしばしば。信頼度がありますので、名前だけでスムーズに事が運ぶこともあるようです。

ゲストハウス(専門式場)の特徴

一番の違いは「結婚式を挙げる為の設備、会場になっている」ということです。

貸切できるゲストハウスも多く、ホテルによくある他のゲストや新郎新婦、宿泊客と遭遇することがないこと。チャペルや披露宴会場も、そのゲストハウスの売りとしているものがあります。

ホテルにはできない天井の高い大聖堂や広い神殿だったり、ゲストへゆっくりくつろいでもらう為のウェイティングスペースなど、様々な配慮が建物自体にあります。

レストランウェディングの特徴

レストランウェディング

自分が好きなお店と料理でゲストをもてなしたい。そんなカップルにはピッタリで、昔と比べると最近増えてきています。
福岡では、ウェディング対応した店舗作りをされているレストランも多く、九州の中では1番レストランウェディングが多い県ではないでしょうか。

また、ご祝儀制でなく会費制で行うことが多いです。ただ、会費を削りすぎてしまうとレストラン側が本来提供したい料理のクオリティを出すことができないパターンもあるようです。レストランウェディングは美味しい料理を式場よりもリーズナブルに提供でき、フランクなパーティーにもできるのがメリットです。

オリジナルウェディングの特徴

最近式場がアピールしている「オリジナルウェディングを叶えます。」などありますが、ここで言うオリジナルウェディングとは全く別ものです。

この写真、実は花嫁さんたちがご自身で準備されたものなんです。宮崎県のレストランを貸切って、お二人のコンセプトやこだわりのものを作られていました。すごいです、、クオリティがもはやプロレベル。

オリジナルウェディングと言えば、コンセプトウェディングで有名なクレイジーウェディングさんがありますね。
今までの結婚式の常識を覆したオリジナルウェディングは多くの業界関係から注目を浴び、関東地方を中心に全国的に広がっています。

簡単に言うと「結婚式場にとらわれず、二人がしたい結婚式を作る」ということです。
どうしてもホテルや専門式場では時間や進行の流れに規則があります。したいことができなかったり、持込みが禁止だったりと。結局、結婚式場の規則範囲内でしかできませんので、通常の結婚式と何ら変わりありません。

この「従来の結婚式の決まった形式」と全く違うのが大きな特徴です。ただ、地域性もありますので九州地方よりも関東地方が多いようですが、ニーズは年々増えていっているのは事実です。

どの情報を参考にすると間違いない?

お二人は今まで結婚式に参加したことはありますか?
もし参加していたなら、印象に残っていることはありますか?

私の場合、料理が美味しかったかどうか、披露宴をどう感じることができたか、という自分が体感したことが印象に残っています。

いざ、自分達が結婚式を挙げる立場になった際、友人やご両親から色々な情報を耳にすると思います。
親切心で言ってくれる方もいらっしゃいますが、その情報がお二人の結婚式に当てはまるか?というのは別の話になります。

次に上げる項目を聞いた場合、注目すべき点を覚えていてください。

参加したゲストの体験談は、いつの話なのか注目しましょう。

あなたの周りでこんな言葉を聞きませんか?

「そこの会場は料理美味しかった!」
「この前行った式場の料理、美味しくなかった~!新郎新婦には言えんけど。。」

など、実際の生の声がとても参考になることも多い反面・・。

「あそこは見積り高かったよ~」
「いやいや、もっと安かったよ~」

なんて不安になる言葉のアドバイスが、圧倒的に多いのがこの友人や職場の方からの情報です。
注意してほしいのが、いつの情報(体験談)なのかということです。というのも、毎年リニューアルを行っている式場もあります。

4~5年前の情報と、現在では、全く会場の雰囲気や内容も違う事も多いです。

そもそも、結婚式の費用は他人と比べても意味がありません。
人それぞれ選ぶドレスや、ゲストの人数など、内容が違いますので比較すべきではないことも知ってほしいです。

口コミサイトは話半分位で認識するのが良いという事実

口コミサイト・口コミ情報として多いのが、WeddingPark、ゼクシィネット、ヤフー知恵袋、Neverまとめ、キュレーションサイト(まとめ記事)です。

本当の口コミ情報もありますが、業者の自作自演という記事やコメント、そもそものページ自体を業者が作っていることも多かったです。また、実際のユーザーが口コミを投稿する際、良い印象は書きやすいので掲載もされやすいですが、悪い印象はサイト側で消されてしまうという機能を持ってたりします。

いくつか弊社のリンクを貼ってある「まとめサイト」もありましたが、かなり雑にまとめてあります。

1位「○○◯◯」のブライダルカウンターがオープンしたと同時に、このまとめサイトが誕生します。
※会社がオープンしたてなのに、すでにNeverまとめサイトで評価されているということ。

ですので、このランキングや口コミは誰が何のために作ったサイトなんだろう?と、一歩引いてみて見ると、見えない部分が見えてくるでしょう。ちなみに、上記のまとめサイトで1位だったブライダルカウンターは開店から1年くらい?で閉店していました。

まとめサイトや口コミなどの裏側

Webの話なので興味の無い人は飛ばして下さい
結婚式の相談するなら、、って、「どんな人が作ったのか?」と考えます。
今のGoogleのアルゴリズムでは、低品質なサイトや不正なリンク(スパム)などの施策だけで上位表示されることはありません。昔はリンクを大量に作ることで、検索上位を独占できる。というものがありましたが、この先そんな手法はまず時間の無駄になります。
良いサービスを作っても、お客様へ知ってもらわなければ「無いのと同じです」だから知ってもらう為に上位表示されることは大事ですし、リンクも大事です。ただ、そこに「ユーザー」をだましてまで集客しようと考えているやり方って…どうなんでしょうね。

今はインスタ花嫁さんの口コミ(実際の感想)が一番信頼できる理由

これはインスタグラムの機能面がかなり影響しています。FacebookやTwitterでは見られなかった、花嫁さんたちの繋がりがインスタグラムでは起こっています。「#チーム1122」みたいなハッシュタグなどですね!

インスタグラムでは、アカウントを複数持つことも可能で、花嫁専用アカウントを作り情報交換などが行われているようです。
理由としては、写真を公開する機能、見られたくない場合は鍵をかけれること、基本的にフォロワーにしか投稿内容が表示されないこと。(ハッシュタグは別)

結構、実体験や失敗談こうすればよかった!など準備中の悩みなどを書いてたりされます。
そして花嫁さんを卒業された「#卒花」の方々からアドバイスや、実際にあった体験談など、具体的かつ最初の情報を発信していますので、今の花嫁さんたちにとってかなり新鮮な情報源になっています。

先ほど、まとめサイトの話をしましたが、実は個人的に口コミの熊本情報サイトを運営している会社の担当の人が「口コミがない場合、社員が書きますからね~」と教えてくれました。そんな目で色んなサイトを見ていると、このサイトは偽物だな・・。と感じてしまうこともあります。

その分、インスタグラムのアカウントは更新や投稿数が少ないとフォロワーも情報も発信できないので、アカウントを育てている必要があります。業者が花嫁さんになりすましを行い、偏った口コミや情報を発信するには日々の更新や投稿するという長期間の運用と投稿する材料や手間かかってしまいますので、今の段階では偽物アカウントは少ないでしょう。

ですので、現状一番信頼できる情報源としてインスタグラムの花嫁さんの声を参考にするのが良いでしょう。SNSや情報は日々変化しますので、インスタグラムのブームがある今は有効な方法ですね。

式場契約前の大切なポイント

なぜ契約前が大切かというと、最初の見積り条件で準備が始まってしまうということです。

例:最初の式場見積りの金額

Aさん:A式場ゲスト100名 300万円
Bさん:A式場ゲスト100名 330万円

という見積りが出たとします。

見積り内容は全く同じにした場合でも、金額差がでる場合があるのはご存知ですか?

なぜ同じ内容・項目なのに30万円も違うのかというと、契約前の時期、条件、特典、値引きなどの要素が変わる事があるからです。その後、打合せや衣装をセレクトして金額が上がったりすることがありますが、選ぶ内容が変わりますので個人差が出てきます。

でも、最初の見積り金額が違うのは契約前にしか交渉できないことなのです。
BさんがあとでAさんと知り合い、式場へもっと安くしてほしいとお願いしても、契約書の金額で印鑑や署名を行っていますので、契約後の値引きという対応は難しいのが一般的です。

だからこそ、契約前に自分達に少しでも希望が揃う条件で式場と契約することが大事なのです。

また「持込み」に関しても、式場契約前の交渉で結構変わってきます。費用を抑えたい方や、ドレスのこだわりがある方や、自由に選びたい方はぜひ契約前の段階で話を進めていきましょう。

逆を言うと、契約後にいくら衣装が気に入らないと言っても、持込みは不可と断られた新婦さんもいらっしゃいます。この持込みについて詳しく知りたい方は、「結婚式場へ○○を持込みたい!見積りで悩んでませんか?持込みで節約|基礎知識編」の記事を参考にしてみてください。

→参考記事:結婚式場へ○○を持込みたい!見積りで悩んでませんか?持込みで節約|基礎知識編

結婚式場への入り口

結婚式場

自分達の希望する結婚式のイメージが出て来たら、まず結婚式場を決める。
このことは優先的に行って大丈夫なのですが、今は入り口を新郎新婦が選べるようになりました。

・従来通り結婚式場へ直接行く

・ブライダルカウンターへ行って式場をピックアップして紹介してもらう

・プロデュース会社や式場紹介サービスを行っている会社から紹介してもらう

・インターネットサイト、○○婚などを利用する

・フリーのプランナーへ相談し式場を紹介してもらう

結論として伝えると「目的や優先順位によって利用すべき所は違ってくる」ということです。

従来通り結婚式場へ直接行く

フェア特典や申込時期などにより、様々な特典サービスがあることもあります。
式場によっては申込時期に割引特典が追加される式場があったり、結婚式を予定している時期によって割引プランなどがある場合もあります。

また、衣装の点数は控えめなカップルや、前撮りを行わないカップルにとっては予算にやさしい料金になる場合が多いです。
わかりやすく言うと、結婚式の内容をシンプルにしたいなら式場へ直接行く方がお得という場合もあります。

打合せが進んでいくと、ドレスやアルバム写真などのアイテムを結婚式場の提携先で選ぶことになりますが、そこが見積りが上がるポイントでもあります。
ところが、追加項目は人それぞれな部分がありますので、最初の見積りには最低限の内容で提示されている場合が多いのです。

フェアで直接契約をせまられたり、仮抑えを煽ってくるトークをされたり、知識がないと結構言われるがままになりがちです。
今まで王道だった分、たくさんの新郎新婦さんが利用される一方で、後悔の声が多いのも事実です。持込みに対しても特に厳しくなりますね。

ブライダルカウンターへ行って式場をピックアップして紹介してもらう

いきなり式場へ行くのも何か不安。というカップルにはブライダルカウンターを利用してみるのも1つの手段です。
結婚式に対して何となくイメージを伝えると、いくつかの式場をピックアップしてくれます。更に式場見学の予約など一括して依頼できることもあります。ただし、基本的にブライダルカウンターの役割はここまでになります。

最終的な費用面は、直接式場へ申込に行くのとほとんど変わりありません。

費用面を抑えたい方やこだわりたいカップルは、利用するメリットは少なく、どこがいいか分からないからとりあえず話だけでも聞いてみよう。というきっかけになります。専門家のアドバイスを参考にしながら二人で決めていくカップルの利用が多いようです。

基本的にブライダルカウンター経由で式場が決定すると、紹介手数料が式場からカウンターへ支払われます。その分、何か特典などが付いている場合もありますが、直接式場へ申込に行っても同じ内容をつけてもらうこともできます。

decoration

プロデュース会社や式場紹介サービスを行っている会社から紹介してもらう

結婚式の費用を抑えたい!というように予算重視で式場を選びたいカップルにも、持込みを前提に考えているカップルには有効な方法です。
先ほどあった「持込み」が自由に行える可能性が、直接式場契約するよりも規制が緩くなる場合が多いです。

例えばドレスショップが式場紹介を行う場合、ドレスの持込み料が無料になったりすることもあります。写真スタジオでも同じようなことができる場合もあります。トータル的な持ち込み条件などの交渉はプロデュース会社フリーのプランナーが得意であったりしますが、会社よって得意分野があることを覚えておきましょう。

プロデュース会社や式場紹介している会社の場合、自社商品が持込みできる式場を紹介することに偏っていることがあります。
一部のブライダルカウンターでは8割のお客様を会社系列の式場へ案内しているという情報もあります。

中には、式場契約までの案内だけで、式場から紹介手数料を貰って経営を成り立たせている会社も存在します。
その手数料はだれが負担していると思いますか?実は新郎新婦さんが式場へ支払った金額の中に既に含まれているのです。

自分に合ったプロデュース会社や紹介サービスを探すには、過去の実績だけでなく、どこの式場が利用することができるのか、最近の状況や施行例などもホームページから見れたり、実際話ができることが大切です。

インターネットサイト、○○婚などを利用する

関東地方を中心に増えていました○○婚。特徴としては自己資金が少なくても結婚式挙げれます。というのが売りでした。
九州では対応している会場が関東地方に比べたら少ないのがネックになるかもしれません。

しかし、とにかく安くできれば何でもOK!!というカップルにはとても有効な方法ですね。披露宴の内容にこだわりたいカップルにとっては、不向き?というより普通に追加料金がありますので、式場で同じ相談すれば解決できる話になるでしょう。激安で行いたい方には一つの選択肢かもしれません。

フリーのプランナーから紹介してもらう

海外では多いのですが、日本ではフリーランスのプランナーやプロデューサーがオリジナルウェディングを手がけるサービスもあります。結婚式の意義に重きをおいている会社や、コンセプトがあるウェディングをプロデュースしたりと、プランニングの内容は様々です。

ほとんど式場プランナーを経験した方が多く、企業の中ではできなかったサービスを行いたい!という志から独立されているプランナーさんもいらっしゃいます。

自分にあった結婚式の入り口を見つけること

ここで紹介した結婚式紹介サービスはそれぞれメリットや特徴も違います。
一番多いのは式場へ直接契約される新郎新婦さんが多いです。ですが今の時代、自分がやりたい結婚式をオーダーメイドで選んでいる花嫁さんが増えている流れがあるのも事実です。

多様化している結婚式の挙げ方に、自分はどんな結婚式がしたいのか。という事をプラスして入り口を変えることも大切ですが、色んな情報が広がる世の中になってきていますので、知って得することや、知らないと損をするという時代になりました。

そこには、今までの結婚式で疑問が多かった高額なサービス、持込みの規制、やりたいことができなかった、結婚式に対して新郎新婦の後悔や不満があったからこそ、生まれたサービスもあるのです。

この前、とあるブライダル業界の方が話されていたことがあります。
「断れない性格でお人好しな人ほど高額な値段ですまされ、クレーマーな人が安くなっている変な仕組みになっていないか」

確かに電気屋さんでも「交渉上手な人」「普通に買う人」では同じ商品なのに購入金額に差があります。

このウェディング業界でも同じことが言えるかもしれません。
情報を知っていることで、色んな得があることも事実です。

まずは、自分たちはどんな結婚式にしたいのか。ということを二人で話し合ってみることが大切です。
そして結婚式の入り口を選んでみる。そうすると、自分たちがイメージしている結婚式に近づける為に、何を選べば良いのかが見えてくると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。
下記より熊本や福岡で私たちが行っている結婚式プロデュースの違いを紹介しています。

結婚式の新しいスタンダード

熊本,大牟田,久留米,福岡で私たちが行っている結婚式のプロデュース。
今から式場を探したいと思っている方は、何が違うのかをご覧ください。

結婚式プロデュースのアベニールデザイン結婚式プロデュースのアベニールデザイン

About The Author

AvenirDesignアベニール代表 / ビデオグラファー / フォトグラファーKazuto Yamasaki
写真や動画撮影を行うカメラマンでもあり、結婚式のプランニングや式場との商談も行っているアベニールデザイン代表 山﨑一人。
ハワイの現地プロデュース会社との提携により、持ち込み無料のハワイウェディングプランなどで全国から問い合わせがくるWebサイトを立ち上げる。

「結婚式では後悔してほしくない!」という想いから、結婚式場の仕組みや新郎新婦に本当に役に立つ情報をこの「BrideMedia」で掲載。
Follow :