結婚式の映像制作・写真撮影・プロデュース|福岡,熊本|AVENIRDESIGN

wedding photo & movie

YouTubeを見てご依頼を頂くことが増えたAVENIRが行う次の一手

242 views
約 5 分

こんにちは、アベニールの山﨑です。

変なタイトルだなと思った方も多いかもしれませんが、今回は・・・

「YouTubeを見てご依頼を頂くことが増えたAVENIRが行う次の一手」

というテーマでお届けします。

YouTubeのウェディングムービー

こちらの福岡櫛田神社で撮影させて頂いきました撮って出しエンドロール。

公開して何度か「YouTubeを見てこんな映像が撮ってもらいたいと思いました!」という、とても嬉しいお言葉とともにお問合わせ頂くことがあります。

AVENIRでは基本的にエンドロールやシネマムービーの撮影に関しては、

一眼レフカメラ+レンズを数本使用するような撮影を行ってます。

一般的な式場の場合、一眼レフでムービー撮影しているけども、何かが違う・・・と新郎新婦さんから言われることもあります。

これには理由があって、

式場の方では標準レンズと呼ばれる利便性を重視した中望遠レンズ(24-105mm)と、

中級クラスの一眼レフカメラを組み合わせることが多いです。

簡単にいうと、引きの画角も、顔のアップの画角も同じレンズで撮れる便利なレンズです。

逆を言うと、描写的には「標準」だったりするわけです。

雰囲気によって使い分けた方が良い理由

少し専門的な話になりますが、

映像って写真と違って「感情移入できる」ことって多いと思いませんか?

例えば、ドラマや映画なんて写真のスライドではなく、映像の場面が色々切り替わりますよね。

全体を写したり、顔の表情だったり、窓ガラスの雨・・・みたいな。

実は編集している段階で、

・見ている人の心を動かす
・情景を伝えることで感情に訴えかける
・より鮮明にイメージしやすくなる

など、編集のカット割りや繋げ方で結構印象って変わってきます。

例えばこのシーンを参考にしてみます。(再生を押すとその場面から始まります)

扉から現れる花嫁さんとお父さん。

それを見ている新郎さん。

そして一歩ずつ歩く花嫁さん。

新郎さんにお嫁さんをバトンタッチするお父さん。

背中を押された花嫁さんの表情。

それを見送るお父さんの表情。

実際には、たった20秒ほどしかない場面ですが、いろんな思いが詰まったシーンです。

僕らの場合、このシーンを最後に持ってくることが多いです(暴露)

その時に、どんな機材でどんなレンズで撮影してた方がより表現できるか?

と言う部分を考えながら組み合わせて撮影をしています。

あ、上手い下手の話ではないのでご了承ください。

正直、海外のウェディングムービーのレベルは国内と比べ物にならないほどレベル高いです。

なので、私たちもよく参考にして勉強しています(YouTube大好き)

AVENIRの次の一手

とにかくYouTubeを伸ばしたいと思ってます。

これには色んな理由があるのですが、ウェディングムービーだけでなく、

結婚式の色んな知識やノウハウなど、多くの花嫁さんたちに届けることができるからです。

普段の仕事で手一杯になって全くブログとかYouTubeを更新できてないので全く説得力はないですが、

2020年はYouTubeやった方がいいですよ(式場も業者さんもです)

花嫁さんたちも、最近こんなこと思いませんか?

GoogleやYahoo!だけじゃなく、インスタも広告ばっかりで・・・。

本当に欲しい、本当に知りたい情報を探すのが大変・・・・。

その点、YouTubeでは、知りたいことを検索すると、

答えになってくる動画が見つかります。

これ、かなり重要だと思っています。

ただ、ウェディング情報ってYouTube全体で見ると少ないんです。(プロフィールやオープニングはあるけど)

だから今年は本格的にやっていこうかと思います。

だから、どんどんブライダル業者さんやカメラマンさんもYouTubeに参戦してください。

そのほうが、知りたい情報や自分にあった情報を花嫁さんたちも見つけやすくなると思うのです。

新しい企画とプランがスタート

近日公開します。

ウェブサイトより先にインスタをチェックしてると花嫁さんによって嬉しいことがあるようにしてます。

アベニールのInstagram

まとめ

今回はYouTubeチャンネルのことを交えながらウェディング映像制作についてお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

熊本よりも福岡へ撮影しに行くことが多いので本格的にPayPayドームの隣に建設中のマンションへ引っ越そうかと思いましたが、億超えてそうなのでやめました。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

About The Author

AvenirDesignアベニール代表 / ビデオグラファー / フォトグラファーKazuto Yamasaki
写真や動画撮影を行うカメラマンでもあり、結婚式のプランニングや式場との商談も行っているアベニールデザイン代表 山﨑一人。
ハワイの現地プロデュース会社との提携により、持ち込み無料のハワイウェディングプランなどで全国から問い合わせがくるWebサイトを立ち上げる。

「結婚式では後悔してほしくない!」という想いから、結婚式場の仕組みや新郎新婦に本当に役に立つ情報をこの「BrideMedia」で掲載。
Follow :