AvenirDesign|結婚式の映像制作・写真撮影・プロデュース|福岡,熊本

熊本,福岡のウェディングフォト&ムービー

結婚式の前撮りを外注カメラマン・外部業者へ依頼するときの注意点

435 views
約 11 分

前撮りを外部カメラマンへ依頼するときの注意点

こんにちは、アベニールの山﨑です。

今回は「結婚式場で前撮りを予定していたけど、色々あって外部業者へ依頼しよう」という場合に、注意しなければならないポイントをお伝えします。

前撮りを外注しようと考える新郎新婦さんは、何かしらの理由があって外部カメラマンや業者へ依頼したいと思っているはずです。

単純に前撮りだけ全く別の衣装やスタジオを選ぶ場合、または式場のドレスで(式場のヘアメイク)撮影だけを別のカメラマンや業者へ依頼したいと思った時に初めて気付く注意すべきポイントがあります。

それは、式場見積もりが変化する場合がある。ということです。

それでは、どんな場合に見積もりが変化するのか、どのような選択をするのがベストなのかを詳しくご紹介していきます。

外部カメラマンへ依頼する理由は?

元々は式場で前撮りを行う予定だったにも関わらず、外部のカメラマンやフォトスタジオで前撮りされる新郎新婦さんは増えています。

理由は以下のようなことが主な理由となっているようです。

・式場ではロケーション撮影ができても1箇所程度

・ロケの場合、カメラマンや美容師に出張費が数万単位で必要になったから

・時間に制限があって希望する前撮りができそうにない

・打合せや要望があまり伝わっていないから不満に思えてきた

・サンプルのアルバムや写真を見ても魅力的に感じない

・和装の前撮りを行うと高額になるから

その他は金額的な要素も多いかもしれませんが、総合的に見てみると

「価格と内容のバランス」に違和感を感じている

希望を伝えて初めて聞く「追加費用の項目」


このようなケースが多いようです。

※前撮りを外注された新郎新婦さんへ依頼した理由を独自調べ(自社アンケート・提携先フォトスタジオ・フリーランスのフォトグラファーより)

 

式場側の意見

ズバリ、式場さんにも聞いてみました。

やはり、年々増えている傾向にあるようです。

どのようなケースが多いかというと

ロケーション撮影を希望されている新郎新婦さん

友人が前撮りしたフォトスタジオへ紹介してもらった

安いプランを打ち出している業者さんへ依頼された

というお話(式場プランナーさんから)が多かったです。

仲の良い式場プランナーさんは、ボソッと「うちは値段が高いからですね・・・」と、本音なのか絶妙なトーンでお話してくれることもありました。

では、どんな方が式場で前撮りをするのが多いのかを聞くと、式場内で撮りたい。式場のチャペルで撮りたい。という新郎新婦さんがやはり多いようです。

 

外部業者へ依頼する時の注意点

注意しなければならない場合とは、式場でレンタルした衣装で外部カメラマンに前撮りを依頼したい場合です。

どういうことかというと、式場での前撮りはロケ前提としたプランや価格で見積もりを作っていない場合が多く、最初の説明では聞いていない追加費用が発生する場合があるからです。

どのようなケースがあるかをご説明します。

衣装の持ち出し・クリーニング代

式場で前撮りをする場合、ロケーション撮影は行っても1箇所という場合がほとんどの式場もあります。

また、わざわざロケに行かなくてもおしゃれな雰囲気や写真を撮影するために作られた場所・ガーデンなどもあることからロケに行かなくても色んな写真が撮影できるのも式場で前撮りするメリットでもあります。

そこで、外部カメラマンへ依頼する場合は、同じように式場内で撮影ができる式場と、外部カメラマンは式場内で撮影ができない式場と分かれてきます。

式場で前撮り依頼をしない場合、衣装だけ借りて別会社で前撮りをするという場合、衣装の持ち出し料金が必要な場合もあります。

例:1着2万円(持ち出し料とクリーニング代として)

式場で前撮りをする前提の見積もりに含まれていることはほとんどありません。

冒頭でお話したような「別会社へ依頼したい理由」が見つかった場合、撮影するカメラマンは別でお願いして、衣装は式場でレンタルする衣装を利用する。

この時に初めて、「その場合は衣装の持ち出し料が必要になります」という説明を受けることもあります。

式場の美容師(ヘアメイク)に依頼する場合

外部のカメラマンに前撮りを依頼する場合でも、式場のヘアメイクスタッフで前撮りを行える場合もあります。(式場によって異なります)

この場合の注意点は「美容師の出張費」という項目が発生することもあります。

私の地域での式場ヘアメイクの場合、時間が決まっていたり、ロケ場所(市内・市外)などにより出張費が異なる場合が多いです。

美容師の前撮り出張費の例

<ロケ1箇所>
熊本市内 ¥5,000-
熊本市外 ¥10,000-
熊本県外 ¥20,000-

<時間制限>
延長1時間につき ¥10,000-
19:00以降1時間 ¥5,000-

<和装と洋装の場合>
和装 熊本市内 ¥5,000-
和装 熊本市内 ¥5,000-
洋装 熊本市内 ¥5,000-
洋装 熊本市外 ¥10,000-
延長1時間   ¥10,000-

※ヘアメイクのロケ出張費の一例です。

前撮りのヘアメイク・着付け費用以外に上記の料金がかかることもあります。最初の見積もりには記載されていないことも多いため、追加料金がかかるということも確認する必要があります。

上記のように、ロケ場所によって費用が異なる場合が多いため、どこで撮影するかなど前撮りスケジュールが確定しないと詳しい料金が分からないこともあります。

外部の美容師(ヘアメイク)に依頼する場合

外部の前撮り業者・カメラマンのプランによっては美容師の料金も含まれている場合もあります。

この場合は、前撮りを外部へ依頼する先の美容師に、ヘアメイクを依頼する形になります。

という場合、新郎新婦さんにとってメリットとデメリットがあります。

<メリット>

細かな出張費などがない

式場よりも費用が安い場合が多い

<デメリット>

前撮りと結婚式当日の美容師が違う

式場のようにリハができない場合もある

式場の見積もりに影響がある場合もある

このようなメリットもあれば、デメリットとして考えることができる内容もあります。

特に花嫁さんにとってヘアメイクは重要な項目です。

値段だけでは判断できない(技術的な要素も多い)ため、一概にどっちがいい。ということはなく、お二人が何を優先したいか?という部分が重要になります。

また、デメリットの最後にある「式場の見積もりに影響がある場合もある」という部分ですが、

式場の見積もりによっては、前撮りヘアメイク料も含まれる金額(前撮りをしてもしなくても料金が一緒)という場合や、他の値引きやパッケージプランの内容が変わる可能性もあります。

前撮りのヘアメイクがなくなるから安くなる。ではないケースもあるので注意しましょう。

POINT
決める前に事前に確認することが重要です。

 

式場でしか撮れない写真が撮れなくなる

これは新郎新婦さんによって感じ方は変わってくると思います。

式場のチャペルや披露宴会場で撮影する前撮り写真は、式場で前撮りをする人だから撮れることもあります。
(外部カメラマンは撮影ができない式場もある)

ただ、外注しようと思っている新郎新婦さんは、ロケーション撮影や時間制限などがない自由に撮影できる前撮りを望んでいることも多く、そこまで気にしないという方も多いようです。

でも、ロケにも行きたいし、式場でも撮りたい!という新郎新婦さんはどうすればいいでしょうか?

式場の写真を残すための方法は?

チャペル撮影だけ、式場のカメラマンへ依頼するという方法もあります。

プランナーさんへ相談していくと、前撮りする日に式場でも撮影できるように手配してくれたり、結婚式当日にチャペルで撮影する「当日撮り」という写真撮影をオススメしてくれることもあります。

そうすることで、ロケーション撮影した前撮り写真を残しつつ、式場のチャペルでも二人の写真を残すことができます。

※式場によっては外部カメラマンでもチャペル撮影を許可している式場もあります。(前撮りだけはOKや当日もOKなど)

 

全体的な費用の問題

前撮りを外部カメラマンへ依頼する目的の一つとして「費用を節約したい」という新郎新婦さんもいらっしゃると思います。

ここで注意して欲しいのは、結果的に式場へ前撮り依頼した方が安くなってた・・。というケースです。

どんな場合にこのようなことになるかをご紹介します。

<費用が高くなるケース>

当日のスナップ写真がアルバム付きの価格からしか選べない

当日スナップ写真が20万〜する場合

前撮りのアルバムもオプション(追加料金がかかるアルバム)を選んだ

式場で前撮りを頼まないと値引きが変わる(プランが変わる)

このような場合、費用を節約するために外部のカメラマンやフォトスタジオを選んだはずが、結果的に費用はかさんでしまうというケースも実際にあります。

いいものを見てしまうと欲しくなるのは自然な心理です・・が、本来の目的である費用を節約したいことから若干外れてしまうこともあるということです。

※衣装代が絡んでくると、一概に言えないことがあります。特に和装を式場で前撮りレンタルすり場合は、前撮り専門業者と大きく金額の差が出ることもあります。式場でレンタルする衣装で前撮りをしたい場合は上記のような可能性もあるということですね。

 

結婚式当日のスナップ撮影も頼む場合

チャペル挙式

一般的には外部カメラマンの方が比較的値段も安かったり、細かな要望に答えてくれるフォトスタジオも存在します。

そのことから、前撮りだけでなく結婚式当日のスナップ写真も依頼する新郎新婦さんもいらっしゃいます。

アルバムの中身も当日スナップ写真と前撮り写真を組み合わせることもできたり、料金的にも当日スナップ写真と組み合わせたアルバムプランの方が新郎新婦さんのメリットは大きくなることが多いです。

ただし、式場との契約内容(特別値引きを行う代わりに持ち込みは禁止など)や、式場の規則によって変わります。

そもそも、カメラマンの持ち込み禁止、外部カメラマンはチャペル撮影ができない。というルールがある式場もあります。

また、依頼した外部業者と式場の関係性も重要なポイントになってくることもあります。特に持ち込みに対して制限を設けている式場の場合は、その業者(カメラマン)との関係性が良好な場合は柔軟になったり、逆の場合は一切お断り。など、対応に差もあるのも事実です。

ただし、これらとは真逆な式場もあります。

「うちの式場は結構ゆるいので、全然大丈夫です」と、契約後でも全然ウェルカムみたいな式場さんもあります。

注意すべきことは、すでに式場へ依頼した後に「やっぱり変えたい」というタイミングです。

式場へ依頼していたけど「やっぱり変えたい」と、思う時には何かしらの理由があるはずです。

どんな理由かにもよりますが、外部業者の方が安いから。という理由では厳しくなることも多いです。万が一、行き違いやトラブルがあった場合は、また別の話になると思いますが・・。

可能であれば、式場へ写真の依頼をする前にプランナーへ相談することをおすすめします。

 

まとめ

今回は「前撮りを式場から外部カメラマン・外部業者へ変更するときの注意点」というお話でした。

変更したい。。と思われた新郎新婦さんは、何かしらの理由があるはずです。

式場に落ち度があった場合を除き、大半は費用に関わってくることや、撮りたい写真が撮れない。という不満からくる理由が多いと思います。

そこで、安易に変更を決めてしまう前に、事前に確認すべきことや、変更した場合は式場見積もりに影響がないか?ということを必ず確認することが大事です。

契約した次の日に「式場に聞いたら追加料金があったからやっぱり式場で頼もう」という場合でも、キャンセル料がかかるという契約内容も存在します。

結婚式は体験・体感する前に契約しなければならない事が多く存在します。

だからこそ、事前に「正しい知識」と「何を聞けばいいのか」を知っておく事が、非常に大事になってきます。

金額も何万〜何十万という大きなお金が動きますので、特に契約段階では100%理解した上でサインをするようにしてほしいと思います。

値段だけで判断しなければならない場面はたくさんあるのですが、値段だけで判断すると結果的に後悔された方も実際にいるということだけは知っていてください。

前撮り写真は「二人の手元に残る大切な結婚式の記念写真の一つ」です。

もし、式場ではなく、外部の業者へ依頼したいと思った時は、

「何のために式場ではなく外部へ依頼するのか?」
「もし依頼先を変えた場合、式場の見積もりに影響ないか?」


見積もりには載っていない事なので知らなくて当たり前です。でも、知らないだけで後悔された花嫁さんたちが過去にいた事実は山のようにあるということ。

この事が重要になってきますので新郎新婦さんはぜひ覚えてほしいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

About The Author

AvenirDesignアベニール代表 / ビデオグラファー / フォトグラファーKazuto Yamasaki
写真や動画撮影を行うカメラマンでもあり、結婚式のプランニングや式場との商談も行っているアベニールデザイン代表 山﨑一人。
ハワイの現地プロデュース会社との提携により、持ち込み無料のハワイウェディングプランなどで全国から問い合わせがくるWebサイトを立ち上げる。

「結婚式では後悔してほしくない!」という想いから、結婚式場の仕組みや新郎新婦に本当に役に立つ情報をこの「BrideMedia」で掲載。
Follow :