結婚式の映像制作・写真撮影・プロデュース|福岡,熊本|AVENIRDESIGN

wedding photo & movie

【結婚式の悩み】披露宴の演出内容とお金の話

2602 views
約7分
【結婚式の悩み】披露宴の演出内容とお金の話

 

結婚式の披露宴。最近は色んな内容や演出があります。

地域によっての伝統や文化の違い、花嫁さんがやりたい演出など、実際に自分たちの披露宴となると、時間やお金で悩まれる方も多いようです。

今回はそんな悩める花嫁さんへ、披露宴演出とお金の話、ゲスト目線から見た披露宴演出の声も交えてお届けします。

■そもそも披露宴って?

結婚式を挙げるにあたり結婚披露宴を行います。そもそも、結婚とは二人だけの話でなく、互いの家族がこれから同じ家族として一緒になり、その門出を祝い、永遠の愛を誓う儀式のお祝いの席に、今までお世話になった方や大切な友人をご招待し、結婚のお披露目を行う場なのです。

 

忘れてほしくないのは、お披露目を行うのは新郎新婦だけではなく、ご両親も招待している側にたっていることです。
集ってくれたゲストや親戚の皆様へ挨拶されるのは新郎新婦だけでなく、ご両親もお酒をついでご挨拶回りを行います。

 

■スピーチの挨拶や人数も結婚式の内容は家族に一言、お話ししましょう

地域差もありますが、披露宴はご両家にとっても失礼のないようにすべきです。

新郎側だけ挨拶やスピーチが多くなってしまうこともありますが、ゲストや親族の皆さんへの配慮を怠らないようにします。
万歳三唱や一本締めは古いからしたくない。など新郎新婦の意見もありますが、勝手に決めてしまうと後で両親や親族からクレームや苦言を受ける事があるのも事実です。

披露宴は両家にとってもおもてなしをする側でもあり、相手側の立場を考慮することも必要です。
親族へ恥をかかせないように、お二人だけでなく相手のご両親とも「どんな結婚式にするか」の話し合いをすることをお勧めします。
流行もありますが、伝統や地域性がある地域では特に締めるところは締めないと影で文句言われる事態になる可能性もあります。

 

■主な披露宴の演出

従来の披露宴演出として多かったものをまとめますと下記の様なものが多いです。

・スピーチ系
新郎挨拶、来賓挨拶、乾杯挨拶、友人スピーチ

・テーブル移動系
キャンドルサービス、キャンドルリレー、フォトサービス、バルーンサービス

・入場演出系
ビールサーバー、バルーンから出てくる、ガーデン入場

・映像演出系
オープニングムービー、生い立ちムービー、エンドロール、余興ムービー

・プレゼント系
ブーケトス(プルズ)、ドレス色当てクイズ、抽選形式でのプレゼントゲーム

・挙式後
フラワーシャワー、バルーン演出、バブルシャワー、フェザーシャワー

など細かくなるともっとたくさんの演出があります。

 

■そしてお金の話

基本的に結婚式に関わるアイテムを準備するものにはお金が必要です。

これ実は式場によって料金設定が結構バラツキがあります。さらに演出内容にも細かく別れており、同じキャンドルサービスでも種類によって様々で、安いもので3万円〜豪華な物になると5万円など普通にあります。

びっくりしたのが、とある式場でバルーンサービス(風船をみんなで飛ばす演出)が10万円という価格。風船100個にヘリウムガスいれて飛ばすのに10万円?って思いますよね。東急ハンズでヘリウムガス買えますからね。

打ち合わせを進めて行く中で、どの演出にするか迷う時もあります。

そんな時は、自分がこの披露宴にゲストとして参加したら楽しい披露宴になっているかを考えてください。

 

・披露宴を通して何をゲストに伝えたいですか?

・ゲストにどんな気持ちになってもらいたいですか?

 

これを本当に考えてください。

すると、自分の結婚披露宴に対してもそうですが、ゲストへの想いも色んなことに気付くこともあります。
今まで感謝できてなかった人がいたり、支えてくれた人がいたり、そんな日常では気付かなかった素晴らしいことに気付いたりもします。

 

■披露宴はゲストへのおもてなし

「披露宴でゲストへ何をしたいか」という目線で披露宴の内容を考えて行くと、演出内容も絞れてくるのではないでしょうか。お金をかけずとも出来る演出などはたくさんあります。

例えば、フラワーシャワーをライスシャワーや折り鶴シャワーへ変更したりします。
ライスシャワーにも海外では子孫繁栄の願いを込めた意味もあり、フラワーシャワーに比べ安価で作れます。

また、披露宴中にゲストテーブルに挨拶回りをすれば、高砂でゲストが来るのを待っているより多くの時間話ができたり写真をゲストと一緒に撮ったりすることもできます。

お金をかけないとできない演出も良いと思いますが、そもそも披露宴はゲストへ対してのお披露目ですので「新郎新婦とご両親がおもてなしをする場である」という気持ちと心構えを忘れないでほしいです。

 

■最近多くなった「したいことだらけの披露宴」

関東地方を中心に流行りだした新しい結婚式のスタイルで、かわいくオシャレな高砂ソファー、フォトブースを設置、人前式で色んな人からスピーチなどがあります。熊本では少し遅れて流行りだしますので2016年頃には式場も披露宴の雰囲気作りを変えてきているように思えます。
ところがその一方で、新郎新婦がやりたいことがありすぎで「あれもこれも詰め込む披露宴」も多く感じます。
何事でもそうですが、やり過ぎは嫌われます。言い方を変えると、自分中心な演出の詰め込みはゲストの評判が悪いです。

人前式は自由にできます!とプランナーが提案しますが、あれもこれもで挙式が40分くらい続いたことがありました。
ビデオ撮影しているので分かりますが、ゲストの表情も次第に曇ってきて「長くない?」「え?まだしゃべるの?」など笑顔で拍手している人は少なく、満足しているのは新郎新婦だけという挙式がありました。
披露宴でも新郎新婦中心の演出をしすぎると、

「披露宴にきているのに花嫁の自慢だらけに見えてつまらない」
「結局、かわいいアピールしているだけ」

なんて冷ややかな声が聞こえてきます。ビデオは音声が入りますので、その部分はカットしたりもしますが。。笑

 

■ゲストに喜ばれる演出

お勧めはゲストが参加できる内容であり、強制参加でないものがちょうど良い印象があります。

ゲストによってはブーケトスにはでたくない、自分の好きなタイミングで話したいなど、
思う所は人それぞれですがゲストの事を思い考えると無難が一番ということも多々あります。

お酒が好きな会社関係の人が多い場合は、利き酒や新郎新婦の出身地のお酒を高砂横に置いたり、鉄板演出は今でもデザートブッフェ。美味しいケーキは10分もたずに無くなります。

たくさん演出がある中に、一工夫いれるだけで違います。
ゲストはたくさんの結婚式に出席されている方も多く、女性ゲストは結構色んなとこを見ています。

ただ、キャンドルサービスをするだけでなく、二人ならではのアイテムや、アイデアを混ぜる事で記憶に残る演出になるでしょう。

 

■まとめ

何度も言いますが、披露宴は結婚のお披露目の場であるので、ゲストへのおもてなしはとても大切です。
お料理は絶対にケチらないように。。正直、ばれます。ばれてます。

美味しいお料理と、新郎新婦からのおもてなしをすることで、「楽しかったね」「いい結婚式だったね」と喜んで頂けるはずです。
自分のやりたいことはもちろんあると思いますが、披露宴はご両家と新郎新婦がご招待していることを忘れないでくださいね。

最近、型にはまった結婚式はしたくない。という方々も増え、海外みたいなウェディングパーティーをイメージしている新郎新婦もいらっしゃいますが、そもそも内容とゲスト層と会場があっていない場合があるので違和感がでることもあります。

ゼクシィが今度いろいろな結婚式の形を紹介するみたいですが、披露宴としてではなく、ウェディングパーティーとしての新しい形として別ジャンルとして友人中心に楽しめるウェディングも増えてきそうです。

About The Author

AvenirDesignアベニール代表 / ビデオグラファー / フォトグラファーKazuto Yamasaki
写真や動画撮影を行うカメラマンでもあり、結婚式のプランニングや式場との商談も行っているアベニールデザイン代表 山﨑一人。
ハワイの現地プロデュース会社との提携により、持ち込み無料のハワイウェディングプランなどで全国から問い合わせがくるWebサイトを立ち上げる。

「結婚式では後悔してほしくない!」という想いから、結婚式場の仕組みや新郎新婦に本当に役に立つ情報をこの「BrideMedia」で掲載。
Follow :